米肌「澄肌CCクリーム」はサラっと素肌っぽく仕上がる夏に良さそうなクリームでした。

米肌  澄肌CCクリーム
以前も書きましたが、米肌「澄肌CCクリーム」を使ってみました。
サラサラな仕上がりで、もうちょっと早い時期(夏)に使ったらもっと快適だったかも!と感じたクリームでした。


スポンサーリンク

米肌「澄肌CCクリーム」はこんなクリーム

「澄肌CCクリーム」は保湿クリーム・日焼け止め・化粧下地・ファンデーション・フェイスパウダーの機能を持つクリームです。
CCクリームにははっきりとした定義があるわけではないらしいのですが、このCCクリームの場合は

米肌のCCクリームは1本で「Complete(完璧に) Clearness(澄んだ)」美肌を叶えるものと定義しています。
(米肌サイト内より引用)

と、ブランドとして定義づけしているようです。
「完璧に」「澄んだ」という言葉から、カバー力よりも素肌っぽさ重視なクリームなのかな?と思いました。

澄肌CCクリームは無香料・弱酸性・鉱物油フリー・タール系色素フリー・パラベンフリー。
色は2色展開で「00(やや明るい自然な肌色)」と「01(普通の明るさの自然な肌色)」があります。
私は「00(やや明るい自然な肌色)」を購入しました。

米肌  澄肌CCクリーム
保湿クリームの役割もあるとのことですが、米肌にはBBクリームもあり、こちらはライスパワーNo.11などの保湿成分が65%も配合されているという特長があるのに対し、CCクリームにはそういった記載がありません。
どちらかというと、紫外線対策・サラサラ仕上がり(パウダーっぽい)といった点がポイントになっているようです。
紫外線対策としては、紫外線防御指数がSPF50+ PA++++と国内最高レベルだそうですし、フェイスパウダー効果のある「さらさらエアインパウダー」が配合されていることで、サラサラな仕上がりになるんだとか。
また、「皮脂吸着パウダー」「毛穴ロックポリマー」でテカり・毛穴崩れを防ぐとのこと。
BBクリームとはちょっと違うなぁという印象です。

米肌  澄肌CCクリーム
あと、こちらのクリームはポンプタイプになっています。
出す量が一定になるので便利ですね。こういう適量がわかりやすいモノ、好きです。

使ってみた感想

米肌  澄肌CCクリーム
1回1プッシュが適量。約150回使えるそうです。
重ね塗りなんかで余分に使ったとしても、結構長持ちしそうですね。
やわらかいテクスチャで、伸びも良いです。

米肌  澄肌CCクリーム
一度手の甲に乗せ、平らに伸ばしてから使うとお肌にムラなく伸ばすことができると書いてあったので、その通りに使っています。
確かに部分的にダマになったりしないので、いいかも。
他のクリームもこうやって塗るといいのかな?
そう言えば、前に使ったSHIGETAのBBクリームもそうやってつけるって書いてあったな…と思い出しました。

米肌  澄肌CCクリーム
このクリーム、仕上がりは本当にサラっとしています!
そのためか、手早くつけないとこすってしまいます。ここはちょっと注意した方がいいかも。

サラサラな仕上がりなので、BBクリームみたいにしっとり感やらべたつきなんて感覚はないです。
夏場は特にこの感じはいいだろうなぁ…と夏におススメしたい!!
テカりに関しても確かにBBクリームよりはかなりまし。暑い日の崩れ方もましだったように感じました。(もちろん化粧直しは必要ですけど)

それに、かなり素肌っぽい自然な仕上がりになります
これは好きな人にはものすごくいい点なんですけど、逆に言えば、求めるカバー力によっては物足りないクリームとも言えます。

このクリームで毛穴に関しては結構カバーされるように感じています
個人的には頬の毛穴がきれいに見える気がして、お肌がちょっぴりきれいに感じられます(あくまでも私が勝手にそう思ってるだけですけどw)。
しかし、シミは厳しい
ぬってます感はないけど、「え?すっぴん?」って感じにもなりかねない、そんな仕上がり。
私はシミはカバーしたいけど、基本はナチュラルな仕上がりが好みですので、まぁ…別にいいか…と諦め半分で思えますが、そうじゃない人にはカバー力は物足りないと思います。
ここは好みがはっきり分かれる部分かもしれません。

米肌  澄肌CCクリーム
最後に保湿の面ですが。
クリームの役割も含まれているとのことだったので、使い始めは化粧水+CCクリームという使い方をしていました。
でも、乾燥を感じてしまい…いつものようにオールインワン+CCクリームという使い方に変更。それでもちょっと乾燥を感じてしまいます。
サラサラに仕上がるからそう感じるだけなのかな?とも思いましたが、お肌のツッパリ感のようなものもあるので、やはり乾燥してる気がしています。
先ほど、夏におススメ!といったことを書きましたが、エアコンの効いた場所にずっといるとなると、やはり乾燥は気になると思います。
このクリームを使う場合は、結構しっかりめにスキンケアをしてから使った方が良さそうです。

まとめ

米肌  澄肌CCクリーム
紫外線防御指数も高く、仕上がりはテカらずサラサラ。
使用感としては、夏場に使うにはものすごくいいCCクリームだと思いました。

ただ、結構な素肌っぽさに仕上がるので、シミのカバーをしたい方には物足りないです。
毛穴に関してはクリームでカバーされているように感じています。お肌がちょっぴりきれいに見える…気が…する…(笑)。

あと、しっかりとスキンケアをした後に使う方が良さそうでした。ちょっと乾燥を感じます。
BBクリームのように美容成分たっぷりというわけではないようなので、乾燥肌の人はしっかり保湿をしてからの方がいいと思います。

ナチュラルな仕上がりが好みの方、サラッとした仕上がりが良い方、紫外線対策をしっかりしたい方にはおススメできるCCクリームです。
興味のある方はこちらから詳細など確認ができますので、どうぞ!
毛穴レス&テカリ知らず肌をひと塗りでカバー!KOSE米肌【澄肌CCクリーム】

レクタングル(大)
スポンサーリンク

※お肌の状態などは人によって違います。 コスメなどの合う・合わないも人によってあると思います。 当ブログの内容は、私の肌の状態でお試しし、感じたことを書いています。あくまでも「私の場合」の体験記です。 そのことをご理解いただいた上で読んでいただけるとうれしいです。

フォローする