CCクリームを使ってみることにしました。

CCクリームを使ってみることにしました。
タイトル通り、BBクリームではなくCCクリームを使ってみようかな?と思い、購入してみました。
昨日到着したばっかりです。


スポンサーリンク

BBクリームとCCクリームの違い

そもそも、BBクリームとCCクリームってどう違うのか?
ご存知の方も多いとは思いますが、私になりに簡単にまとめてみました。

BBクリームは元が傷などを隠すために医療用として開発されていたクリームなので、カバー力が高いクリームになっているんだそうです。
なので、お肌に隠したいような気になる部分がある場合は、BBクリームを使うとカバーしやすいとのこと。
お肌の欠点をメイクで隠すため、逆に言えば「ぬってます感」も出やすいそうです。

確かに、BBクリームはモノによってものすごく「ぬってます感」が出ちゃいます。特に色が合ってないとすごく出ますね…。
これ、最近の悩みでしたので納得。

対してCCクリームは、メイクをする前提で作られたクリームで、化粧下地としての役割がメインのようです。
コントロールカラーとして赤みやくすみを補正するようなクリームのため、カバー力はBBクリームほど期待できないらしい。
また、ファンデーション効果はないためナチュラルな仕上がりになり、プラスでパウダーは必須みたい、とのことでした。
ただ保湿効果などが高いモノが多いらしく、乾燥肌の方にはおススメだという情報もありました。

最初、CCクリームはBBクリームより一手間かかる印象でしたが、BBクリームも仕上げパウダーを使う方が良かったので、今ではどちらも手間は同じかな?と思うように。
…まぁ使ってみないとわかんないんですけど、今はそういう印象です。

あとBBクリームもそうですが、メーカーによって1本で果たせる役割や効果がバラバラなので、ここに書いた特徴などがすべてあてはまるわけではないかもしれません。
この辺りも、実際に色々な種類のものを見て使ってみないとわからないなーと思っています。

CCクリームを使ってみよう!と思ったきっかけ

時短コスメに興味を持った時に色々と調べていて、その時にCCクリームの存在を知りました。
これまでメイクをほとんどしてこなかったこともあり、BBクリームよりもナチュラルに仕上がるというCCクリームを使ってみたいなーとその時ちょっと思ったんですよね。
ただ、CCクリームはカバー力があまり期待できないようだったので、シミが濃い私はカバー力を求めBBクリームを使うことにしたんです。

そういった流れで、このブログでもこれまで試してみたBBクリームをご紹介してきました。
ですが、少し前に記事にしたように久しぶりにナチュラルっぽいメイク(というほどでもないけど)をしたら、ものすごく良かったんですよね。
※記事はこちら→「ナチュラグラッセ メイクアップクリーム」を久しぶりに使ってみたらものすごく良かった!

直前まで使っていたモノが、使い心地はいいのに「ぬってます感」がちょっと出やすいクリームだったこともあって(単に色が合わなかっただけかもしれませんが)、余計にそう思ったのかもしれません。
※使っていたのはこちら→「SHIGETA(シゲタ) UVスキンパーフェクション」は乾燥を感じないBBクリームでした。

BBクリームもいいけど、ナチュラルに仕上がるCCクリームも使ってみると意外にいいかもしれない…
そう思い始めるとだんだん「CCクリームもいくつか使ってみよう!」という気分が盛り上がってしまい、試しに1つ購入しちゃった…というわけです。

初めてのCCクリームはこれ。

米肌【澄肌CCクリーム】
私が初めてのCCクリームに選んだのは、「米肌【澄肌CCクリーム】」です。
ナチュラグラッセのメイクアップクリームもCCクリームみたいなもんじゃないの?って私は思ってるんですけど、メーカーが「CCクリーム」という名で出しているモノを買ってみるのはこれが初めて。
使い心地などは、また記事にします。

ということで、明日からCCクリームデビュー。
どんな感じかなー。楽しみです。

気になる方はこちらからチェックしてみてください。
毛穴レス&テカリ知らず肌をひと塗りでカバー!KOSE米肌【澄肌CCクリーム】

レクタングル(大)
スポンサーリンク

※お肌の状態などは人によって違います。 コスメなどの合う・合わないも人によってあると思います。 当ブログの内容は、私の肌の状態でお試しし、感じたことを書いています。あくまでも「私の場合」の体験記です。 そのことをご理解いただいた上で読んでいただけるとうれしいです。

フォローする