ナチュラグラッセ「UVシフォンパウダー」で仕上げのUV対策しています。

ナチュラグラッセ UVシフォンパウダー
最近、ナチュラグラッセの「UVシフォンパウダー」をBBクリームの後の仕上げパウダーとして使っています。
使いやすくてお気に入りです。


スポンサーリンク

UVシフォンパウダーはこんなパウダー

ナチュラグラッセ UVシフォンパウダー
妊娠中からお世話になっていたナチュラグラッセ。
お肌にもやさしい100%自然由来素材(天然由来または天然物を加工した原料を使用)にこだわっているとのこと。
お子さんが小さいママにはとてもうれしいメイクアイテムがあるのがナチュラグラッセです。

そんなナチュラグラッセのUVシフォンパウダーは、紫外線カットができるフェイスパウダー。
しかも、美容効果の高いオーガニック植物エキスを配合で、乾燥を防いでお肌をやさしくケアしてくれるそうです。

ナチュラグラッセ UVシフォンパウダー
全3色展開。(BE1 パールベージュ/BE2 ナチュラルベージュ/PK1 パールピンク)
紫外線防御指数はSPF30 PA+++と日常には問題ない数値です。
このパウダー、赤ちゃんにも使えるそうですよ。(知らなかった!)

使ってみた感想

ナチュラグラッセ UVシフォンパウダー
今私が使っている色は「BE1 パールベージュ」。
3色展開のそれぞれの特長は

・BE1 パールベージュ→ナチュラルなベージュカラーにパールをプラス。自然なツヤ肌を求める方。
・BE2 ナチュラルベージュ→パールなしのナチュラルなベージュカラー。より軽やかなつけ心地を求める方。
・PK1 パールピンク→パール入りピンクカラー。顔色をよく見せたい、くすみをなくしたい人。

となっています。

「BE2 ナチュラルベージュ」と迷ったのですが、夏はちょっとパール感があった方がいいかな?と思い、パールベージュを選択しました。

ナチュラグラッセ UVシフォンパウダー
基本的にメイクはナチュラル志向(いえ、あまり興味がないだけです)なのですが、このパウダーのパール感は全然気にならずで気に入っています。
写真は素肌の上につけた様子。
つけた瞬間は「白っぽいかな?」と思うんですけど、押さえていくとなじんでいくようで、白浮きしてるようにも感じません。

ナチュラグラッセ UVシフォンパウダー
それにつけるとサラッとして、テカりがちなBBクリームを使ってもテカりが抑えられるし、お肌の感触もべたつかずにいい感じに仕上がります。
あと、BBクリームのカバー力に物足りなさを感じるときは、パウダーを使うと少しカバーされるので、そういった時にも十分使えます。
写真はBBクリームの上からつけた感じ。
使ったBBクリームがナチュラグラッセのもので比較的マットな感じなため、テカりが抑えられるところはわかりづらいかもしれませんね。
でも、さらっとした感じが伝わればいいかなと思います。

それと、このパウダーをつけてもお肌に窮屈さを感じないというか…つけ心地が軽いのも気に入っています。

ナチュラグラッセ UVシフォンパウダー
このパウダーは、私は化粧直しの時にも使っています。
BBクリームの塗り直しというのは大変なので、脂取り紙やティッシュで浮いている皮脂を押さえてこのパウダーをつけるだけの化粧直し。
手軽にUV対策もできるし、楽チンです。
サイズもコンパクトなので、持ち運びも便利なのもお気に入りです。

まとめ

ナチュラグラッセ UVシフォンパウダー
ナチュラグラッセのUVシフォンパウダー、サラッとした軽い使い心地がお気に入りです。
BBクリームだけでも問題のないクリームもありますが、暑い日はメイクも崩れやすいので、仕上げにパウダーを使うと崩れが少しましになるように思います。
また、ちょっとツヤ感が出すぎてテカってるように見えるときも、こういったパウダーで抑えるといい感じになることも。

それにUV対策もできて、夏のメイク直しに使えるパウダー。
石けんで落とせるのも時短になっていい!ので、石けんで落とせるベースメイクだけをされる方には特におススメです。
(私はベース以外にマスカラを付けたりすることもあるので、石けんだけだと無理なんですけどね…時短になってないですね…)

小さなお子さんがいる方にもおススメのナチュラグラッセ。
BBクリームとセットで使うのもいいですよ。
購入はこちら→ナチュラルオーガニックコスメ専門サイト【nature’s way】

※楽天内にもショップがあります→ネイチャーズウェイ楽天市場店
※Amazonはこちら→ナチュラグラッセ(naturaglace)

レクタングル(大)
スポンサーリンク

※お肌の状態などは人によって違います。 コスメなどの合う・合わないも人によってあると思います。 当ブログの内容は、私の肌の状態でお試しし、感じたことを書いています。あくまでも「私の場合」の体験記です。 そのことをご理解いただいた上で読んでいただけるとうれしいです。

フォローする